カンコウ草(かんこうそう・かん黄草)は、二日酔いや悪酔いを防止。ウコンよりも強力な抗酸化力を持つ漢方薬です。

幻の漢方カンコウ草は大変貴重な薬草で、熱水抽出して有効成分を引き出しました。

健康維持やお酒の悪酔い予防に優れたカンコウ草を日本で唯一販売健康食品として販売を行えるのはエバーライフ!

カンコウ草(かんこう草)は幻の漢方なのです。このカンコウ草(かんこうそう)は、50年ぶりに中国政府から新漢方として認定されました。 カンコウ草に含まれる、カンコウ草エキスは、中国で肝機能を正常に保つとして古くから使用されてきた植物カンコウ草熱水抽出物です。中国では漢方としてすでに承認され利用されています。健康食品として日本国内で販売を行えるのはエバーライフだけです。

アルコールの代謝を助けるカンコウ草

お酒の産地にはアルコールの代謝を助ける薬草があり
これは「毒蛇がいるところには解毒作用の強い薬草があり」
「お酒の産地にはアルコールの代謝を助ける薬草があり」というような自然界の法則を説いたものです。
じつはこの地方羅江(ロージャン)村では、芽台酒(まおたいしゅ)という強い酒の産地でとしても有名です。芽台酒(まおたいしゅ)は、50度〜とアルコールの高い酒として知られていますが、村人はこのお酒を良く飲みます。
この地域の人々は不思議なことに、肝臓を患っている人が非常に少なく長寿の人が多いと言われています。
なぜなら、村人はいつも『カンコウ草(かんこう草)』を飲んでいるからだそうです。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。